ホーム » SAPコンサルタント

SAPコンサルタント」カテゴリーアーカイブ

需要で選ぶならSAPコンサルタントがおすすめ

需要のある仕事としてSAPコンサルタントがあります。SAPコンサルタントというのは、SAPと呼ばれるドイツの企業が開発したソフトウェアを企業が導入する際に、適切なサポートやアドバイスをする立場の人のことを指します。
SAPというのは世界的なシェアを誇るソフトウェアの企業のことです。SAPが開発するソフトウェアには、企業管理を一括で行うための機能が盛り込まれています。SAPを活用することで、企業の経営効率を高めたり、企業運営を円滑に進めることができたりします。
SAPの日本でのシェアですが、統計によると1300を超える企業が利用していて、シェアは全体の約半数を占めています。それに合わせて、SAPを運用したり管理するために必要なサポートが不可欠です。SAPコンサルタントは、そのようなクライアントのバックアップを行います。

SAP自体はパッケージになっているソフトウェアですから、それを活用することで、すぐに企業運営に活かせます。
そうなるとわざわざコンサルタントの力を借りなくても、自社で全て行えばいいのではないかと思うかもしれません。しかしSAPの特徴として、企業のそれぞれの状況に合わせて、適切なプログラムや機能を追加する必要があります。それを見極めるためには、専門的な知識を有するコンサルタントの力が必要です。

SAPコンサルタントは、これからSAP導入を検討している企業だけでなく、すでに導入している企業のサポートやアドバイスを与えることも業務になっています。活動範囲は広く、扱える人的資源も限られていることから、需要の高い仕事です。

SAPコンサルタントなら独立もしやすい!

SAPコンサルタントは、需要が高いために独立しやすい職種であると言われています。特に実務経験が豊富な人が多くの案件を抱えるケースが多く、クライアントに大企業が多ければ多い程高収入になります。
また、SAP社は、2027年に標準サポートを終了するとしており、2027年以降は新システムへの移行が必要になります。そのため、今後SAPコンサルタントの需要はさらに増えると予想されています。フリーランスにとっても狙い目の職種なのです。
SAPコンサルタントの需要や独立のしやすさに関する詳しい情報はこちらの関連サイトにも載っているので、お時間があるなら読んでみてください。

SAPコンサルタントの平均年収は、駆け出しの人で約500万円、ベテランの敏腕コンサルタントで約1,000万円です。ただ、プロジェクトの内容によっては、5日間で100万円を稼げる案件もあるので、仕事の選び方次第でさらに高年収を狙える可能性もあります。

エンジニアが慢性的に不足している時代背景や、SAPの2027年問題によって、SAPコンサルタントは現在企業から非常に重宝されています。企業勤めの場合、どんなに頑張っても年収は少しずつしかあがりませんが、フリーランスの場合は自分の知識やスキルアップさえ出来れば高単価の仕事を獲得できる可能性が十分にあるので、大幅な収入アップを見込むことができます。
自分の受けたい仕事だけを選んで、自分の好きなタイミングで仕事をできるようになるには、それなりの努力が必要です。ライバルにはない、高いスキルと専門性を持ち合わせてこそ引く手あまたのフリーランスSAPコンサルタントになれるのです。

2024年5月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031